最新記事

莫大な遺産があると、必ず相続で揉めているイメージがあります。
遺言が残されていなくて揉めるのは分かりますが、残されていも、その内容や信憑性について揉めてしまいます。
そのトラブルをニュースやドラマで見るたびに、間に入る弁護士さんは大変だなと思わずにはいられません。
それと同時に、亡くなった方がこの争いを見ることがなくて本当に良かったと思います。
幸か不幸か、私の身内では残すような遺産もないので、これまで相続で揉めるようなことはありませんでした。
誰かが書いた「遺言書」も見たことはありません。
中身は相続のことだけでなく、お願い事や葬儀についてなど色々書けるようなので、私は書いてみてもいいかなと思っています。
今現在無一文の私には余計な心配ですが、もしもこの先お金持ちになった時は、トラブル回避のために、財産は全て生きているうちに使おうと心に決めました。
財産も、遺言も残すからトラブルのもとになってしまうのでしょう。

none